Greeting ごあいさつ

Generalistとして腎臓内科学を極めたい
~純粋な探究心を忘れずに~

久留米大学医学部は、昭和3年に九州医学専門学校として誕生、その後昭和27年に久留米大学医学部が開設され、これまで90年の歴史を刻んできました。久留米大学医学部内科学講座腎臓内科部門は、大学講座の臓器及び診療別体制化の一貫として2000年5月に前身である久留米大学第三内科(現心臓・血管内科)より独立発足しました。

初代主任教授でいらっしゃいます奥田誠也先生が教室の設立・発展にご尽力なさり、2015年5月に私にバトンを渡され、現在教室を統括する立場になりました。就任後3年が経過しましたが、その間スローガンである『情熱と感謝』を胸に若くて優秀な教室員と共に邁進してきました。

就任時に以下のような将来のビジョンを掲げ、実行するためのマイルストーンを考えてきました。

1 腎臓内科新患外来の設立→立上げ済み、ADPKD外来の設立
2 最高水準の透析医療を実践→オンラインHDを取り入れる
3 地域医療連携を活かしたCKD予防→小学校への介入
4 お互いを尊重するチーム作り→病棟・腎臓センター・医局の連携向上
5 世界を意識した臨床・研究→論文排出、透析医療の海外進出・教育、留学

これらビジョンは一部達成されたものもありますがまだ不完全であり、達成するためにはモチベーションを持った若い人材が必須です。当然generalistを目指した医師としての教育も優秀な指導医により充実しています。これらビジョンを通して若い先生たちにさらに腎臓内科学の面白さや奥深さを知ってもらいたいと思います。共に真のgeneralistとして成長していきたいと考えています。

教室はまだまだ道半ばであります。腎臓内科学に対する純粋な探究心を忘れずに、これからも一人ひとりの教室員の将来を大切に考えながら、ビジョン達成のために走り続けたいと思います。そして、共に患者を助ける喜びや達成感を分かち合いたいと思います。

共にgeneralistとして真の内科学を学び、楽しみ、そして皆から愛される腎臓内科医になりましょう!世界一の教室を作り上げていく楽しさを是非一緒に味わってみませんか!

深水 圭

久留米大学医学部内科学講座腎臓内科学部門 主任教授

久留米大学医学部内科学講座腎臓内科学部門 主任教授

〒830-0011
福岡県久留米市旭町67
久留米大学医学部 内科学講座腎臓内科部門
TEL:0942-35-3311(内線5346)・FAX:0942-31-7763

Scroll Up