久留米大学医学部 内科学講座腎臓内科部門

研修の特色

トップページ > 研修の特色 > 初期研修の特色

初期研修の特色TRAINING SPECIALTY

お互いに把握し、理解を深めることで、多くの患者の診療に携わることができます

初期研修の特色

初期研修では、病棟医長の指導の元、3チームに分かれて診療にあたります。1チームは初期研修医1~2名、大学院卒業後や出張病院で臨床経験を積んで大学に戻ってきた専門研修医1名で構成されます。少人数でチームが構成されているので、細かな点に至るまで相談しやすく、また、日常診療での、内科的診察、患者説明、他科紹介、検査やデータの評価、透析指示、腎生検後の組織診断など、専門研修医と相談しつながら、一緒に診療にあたります(きっちり、サポートします!)。治療方針など重要なことは教授回診や病棟医長回診で決定します。チーム内の患者について、お互いに把握し、理解を深めることで、より多くの患者の診療に携わることができます。腎炎、腎症といった、本来の腎臓病の基本的治療、ネフローゼ症候群などの専門的な病態の治療、さらにステロイド治療や血液浄化(アフェレーシス)といった特殊治療にもかかわります。また、慢性腎不全については、腎障害の進行を抑制する治療(保存期治療、患者教育)や、透析準備(シャント造設、PDカテーテル挿入)、透析導入、合併症の治療にも携わります。

病棟チーム

柴田 了

松本 友里子