久留米大学医学部 内科学講座腎臓内科部門

研修プログラム

トップページ > 研修プログラム > 専門医研修プログラム

専門医研修プログラムTRAINING PROGRAM

入院患者主治医

入院患者の主治医を通じてチーム医療(指導医、病棟医長、外来主治医)の要を担って頂きます(病棟の項を参照下さい)。頼れる指導医の下、急患入院の初期対応やエコーなどの精密検査、薬剤投与などを一人で出来ることを目標にしています。慢性疾患患者の地域医療連携、本人と家族への精神的サポート等のマネージメントを通じて、家庭医を目指す人にとっても必要不可欠な事柄が網羅されます。

腎臓専門医としての研鑽

1)シャント造設術

まずはアプローチ方法に始まり、切開、血管の露出、器械取りから縫合と習得して頂きます。

詳しくはコチラ


2)PTA(経皮的血管拡張術)

主に透析患者のシャント血管狭窄や閉塞に対する治療です。経験豊富な医師の下、実際に手技を行って頂きます。

詳しくはコチラ


3)腎生検

腎生検の適応をデータ、エコーなどの検査から慎重に判断し、実際に腎生検の介助をして頂きます。その後、PAS染色、PAM染色などの病理診断や蛍光染色、電子顕微鏡写真から実際の診断、治療まで、教授、指導医一体となって取り組みます。さらに電子顕微鏡の撮り方まで習得することが出来ます。

詳しくはコチラ


4)血液透析療法

例年、2-3ヶ月の人工腎臓センター(透析室)ローテーションを行い、救命救急センターに搬入された急性腎不全や外科手術後の緊急透析、血漿交換等の急性期の対応について体験してもらいます。また、当院は外来透析患者に対する夜間透析を行っており、安定した血液透析患者のマネージメントを経験豊富な先生から直接学ぶことが出来ます。


5)腹膜透析療法

PDカテーテル挿入術、新規腹膜透析導入者の管理、地域医療連携などを学びます。症例数も徐々に増え、今後は患者のQOLを見据えた治療として普及する可能性があります。そのような特殊な治療のマネージメントも十分に学んで頂きます。


6)学術的研鑽

毎週水曜日朝は輪番制で抄読会があります。木曜朝は病理医も参加した腎生検カンファランス、夕方は透析カンファランスで問題を共有する症例の検討を、他科の主治医も招いて行っています。この後に行われる研究室による抄読会も参加可能です。 興味深い症例は積極的に学会に発表することで、グローバルな観点から自分を見つめます。


7)内科全般

糖尿病、膠原病、心血管病、消化管、感染症・・・どれも腎臓病の合併症や腎疾患の増悪因子として避けては通れません。体液管理や電解質異常に対する治療も他科から相談を受け、一緒に対応しつつ勉強して頂けます。


1)~6)は全て、内科の知識無くしては出来ません。“腎臓以外は解りません”ではなく、Generalistとして的確に診察し治療する能力、また専門医に紹介する判断を身につけることが重要であり、腎臓専門医という名の内科専門医になることが最大の目標です。

専門医研修プログラム(4~5年目、専門医研修2~3年目)

現在準備中

専門医研修プログラム(6年目以降、専門医研修4年目以降)

現在準備中

最後に・・・

腎臓内科は診断から治療まで、自らの科で完結できる、数少ない内科です。外科的手技がある一方、腎臓を通じて血液疾患、悪性腫瘍、膠原病の診断に至ることがあります。特に当大学腎臓内科は腎臓内科医が修得するべきほぼ全ての手技と臨床を実践できる数少ない病院です。
腎臓内科は決してマイナー内科ではありません。内科に興味のある方は、ぜひ一度、教室見学に来て下さい。見学は随時受け付けますのでまず医局まで連絡を頂けましたら幸いです。子育て中の女性医師も活躍していますのでぜひご相談下さい。

久留米大学医学部内科学講座腎臓内科部門
医局長 柴田 了(しばた りょう)
TEL: 0942-35-3311 (内線5346)
Email: ikyokucho@jin-jin.jp

研修医見学会